家庭用エスプレッソマシンでラテ・アート!リーフの作り方

家庭用エスプレッソマシンでラテ・アート!リーフの作り方

 

 

【ステップ1】

 

カップを45度くらいに傾けます。だいたい45度でOK。カップに近い位置から注いだら

 

ステップ2のようにすぐにピッチャーを上にあげます。約6〜7cm程度でOK

 

 

 

 

 

 

 

【ステップ2】

 

すぐにピッチャーを上げる理由は、液面とピッチャーの位置が近いほど

 

ミルクが液面に浮いてきてしまうから。絵を描き始めるまでは

 

高い位置から細くゆっくり笠(かさ)が増すまで注ぎます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ステップ3】

 

高い位置から注いでいる時は、ミルクとエスプレッソがよく馴染むように

 

円をかくように注ぎなじませます。

 

なじませた方が絵を描き始めたときに、絵が流れにくくなります。

 

液面の笠がカップギリギリ近くになってきたら液面にピッチャーを近づけいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

【ステップ4】

 

ピッチャーを落とす位置は、ハートを描く時よりも、やや奥かカップ中央に注ぎ始めます。

 

ゆっくりカップも水平にもどしつつ、ピッチャーを左右に手首を使ってゆっくり、大きく振ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ステップ5】

 

しばらくカップ中央あたりで振り続けていると

 

リーフの一番外の羽が曲線に沿って広がってきます。

 

カップを水平に戻しつつ・・

 

ピッチャーの振り幅を少し狭めながら後退していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ステップ6】

 

 

カップの端まで後退したら、すぐにピッチャーを前進させずに

 

少しタメて、小さなハートを作るイメージで待ってから

 

ピッチャーを少し持ち上げて斜め上方向に前進して切っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動画も参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

ミルクピッチャー

家庭用エスプレッソマシン

エスプレッソ用豆

 

 

 

【ミルクピッチャーは超重要です】

ミルクピッチャーはあまり安価な物を最初に購入してしまうとラテ・アートがやりにくくなってしまいます。おすすめはデロンギのこちらのピッチャー。家庭用であれば350mlの容量が一番おすすめです。

 

 

【本格的にラテ・アートしたい方】

家庭用エスプレッソマシンでも一番人気が高い物がこちらのデロンギ。
私もこいつを使ってラテ・アートしています。エスプレッソも落とせて、ミルクスチーマーも作れます。値段もお手頃

 

 

【エスプレッソ用のコーヒー粉】

エスプレッソマシンが有る方はエスプレッソ用の豆も用意しましょう。
クレマも立ちやすく、ラテ・アートするにはとりあえずillyの豆で大丈夫です。既に豆は挽いてあるので、そのまま使えます。

 

 

家庭用エスプレッソマシンでラテ・アート!リーフの作り方関連ページ

リーフをかく前にマスターしたいレイヤーハート
デロンギを使ってリーフがかけるようになるまえに、ピッチャーを振ってかく練習をするためのレイヤーハートをマスターしましょう!
リーフを描いてみんなを驚かせよう!リーフの描き方とコツ
家庭用エスプレッソマシンを使って、リーフのラテアートの作り方とコツを解説しています。誰でも簡単にできる方法をご紹介しています。
ラテアートの際のピッチャーの振り方をマスターしよう
家庭用エスプレッソマシンを使って、ラテアートをする際にピッチャーの振り方も重要になります。 そこで、ピッチャの振り方を解説します。

 
トップページ 私の自己紹介 目次 ラテアート必要な物 ラテアートのバイト 手軽に本格ドリップ お問い合わせ