リーフを描いてみんなを驚かせよう!リーフの描き方とコツ

リーフを描いてみんなを驚かせよう!リーフの描き方とコツ

 

ここでは、家庭用エスプレッソマシンを使って

 

 

誰でも簡単にラテ・アートのリーフ(ロゼッタ)を作るコツと方法をご紹介しますヽ(*´∀`) ノ゚

 

 

 

 

準備するもの

 

  • 成分無調整牛乳
  • ミルクピッチャー(推奨は350ccのもの)
  • エスプレッソ用に挽いた豆
  • 家庭用エスプレッソマシン
  • コーヒーカップ

 

 

 

それでは早速、リーフの上手な作り方とコツを解説します

 

 

まずは、下の動画をご覧頂いてから解説を読んで見て下さい。

 

 

 

 

リーフの上手な作り方とコツ

 

ミルクフォームはハートを作った時より、泡の量は少なめで

 

あまりもったりし過ぎないミルクフォームを使います。

 

 

 

 

 

【リーフ上手な作り方とコツ】の解説

 

 

まず、何よりもミルクフォームが上手に作れている事が大切です。

 

もったりし過ぎず、サラサラし過ぎない、ちょうどよいバランスのミルクフォームが理想です。

 

デロンギEC200Nを使ってスチームする時は、一度こちらを参考にしておいてください。

 

 

 

ステップ1

 

カップを約45度に傾けて持ちます。

 

 

ピッチャーからミルクを注いだら、少し高い位置にもっていき、

 

 

注ぎの量を細くします。

 

 

 

 

 

 

ステップ2

 

ミルクを注ぎ始めて、カップの1/3くらいまで量が増してきたら、

 

 

ピッチャーをカップに近づけて(カップ中央orやや奥め)、ゆっくり大きくピッチャーを左右に振ってあげます。

 

 

ピッチャーは猫の手のように手首で軽〜くゆっくり、大きく振ります。

 

 

 

 

ステップ3

 

ピッチャーはカップ中央あたりで、しばらく振り続けて

 

リーフの外側の羽がカップの曲線にそうように広がってきたら

 

徐々に振り幅を小さくして、後退していきます。

 

 

 

ステップ4

 

カップ端まで後退してきたら、少しタメて(動画の0:12あたり)小さなハートをつくるイメージで待ってから

 

カップを少し引き上げて斜め上に前進しながら切っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

イラストでもリーフの作り方を解説しているので、

 

 

こちらも確認にしてみてください!

 

 

使用したマシン

 

De'longhi(デロンギ)EC200N

 

 

今回つかったカップはファイヤーキングのジェダイカップ♪
Amazonでチェックしてみる↓

 

 

 

リーフを描いてみんなを驚かせよう!リーフの描き方とコツ関連ページ

リーフをかく前にマスターしたいレイヤーハート
デロンギを使ってリーフがかけるようになるまえに、ピッチャーを振ってかく練習をするためのレイヤーハートをマスターしましょう!
家庭用エスプレッソマシンでラテ・アート!リーフの作り方
家庭用エスプレッソマシンでラテアートの基本的なリーフ(ロゼッタ)の作り方やコツを画像を使って解説しています。
ラテアートの際のピッチャーの振り方をマスターしよう
家庭用エスプレッソマシンを使って、ラテアートをする際にピッチャーの振り方も重要になります。 そこで、ピッチャの振り方を解説します。

 
トップページ 私の自己紹介 目次 ラテアート必要な物 ラテアートのバイト 手軽に本格ドリップ お問い合わせ