お家でラテ・アートよくある質問集

お家でラテ・アートよくある質問集

 

 

さてここでは、家庭用エスプレッソマシンを使ってラテ・アートをするうえで、

 

 

よくでる疑問点や質問について解答しています。参考にしてみてください。

 

 

 

自宅にエスプレッソマシンが無いのですが、ラテ・アートはできますか?

エスプレッソマシンが無いと、ラテ・アートは出来ないと思われがちですが、

 

 

実は家にある物を使っても簡単なものでしたらラテ・アートを楽しむことができます。

 

 

詳しくはこちらの動画と解説を参考にしてみて下さい。

 

 

家庭用エスプレッソマシンが無い場合のラテ・アート方法

 

 

ラテ・アートに使用するミルクピッチャーはどんな物を使えば良いですか?

ラテ・アートを家庭で楽しむ上でも、ミルクピッチャーはそれなりの物をご用意頂いた方が、

 

 

後々再度購入したりせずにすみます。

 

 

100円均一で売っているようなピッチャーでは、どんなに上手な人でも

 

 

なかなかキレイなラテ・アートは描けないでしょう。

 

 

ミルクピッチャーはAmazonでも購入できます。

 

 

家庭用エスプレッソマシンを使っている方であれば、350mlの容量のピッチャーがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

ミルクフォームが上手に作れません。コツを教えてください

ラテ・アート初心者の方にとって最も重要なのが、いかに上手にミルクフォームを作るか?にかかっています。

 

 

大体の失敗例は、泡を作りすぎてしまいもったりしたミルクフォームになってしまう事です。

 

 

真っ白なハートを描く場合は多少フォームがもったりしていても、返ってその方が描きやすかったりしますが、

 

 

基本的には、もったりしすぎず、サラサラしすぎていない程よいクリーミーなミルクフォームがベストです。

 

 

ミルクの注ぎ始めに「ぼたっと」重たいフォームが出てきてしまうと、繊細な絵が描けません。

 

 

すこしフォームを作りすぎたなと思った場合はスプーンですくって、捨ててから描き始めると良いでしょう。

 

 

ミルクフォーム作りの一番のコツは、泡立てるよりもカクハンすることです。

 

 

家庭エスプレッソマシンであれば、最初に2回くらいチャチャッと泡を立てたら、

 

 

後はひたすら斜め回転になるように、ミルクをカクハンさせることです。

 

 

詳しくはこちらの動画と解説を参考にしてみてください。

 

 

スチームミルクの上手な作り方

 

 

 

 

ミルクとエスプレッソを使わずに、ラテ・アートを練習する方法はないでしょうか?

ラテ・アートは何度も練習しないと、なかなか感覚がつかめませんが、

 

 

やはり、練習するたびにミルクを使うのは非常にもったいないですよね?

 

 

私も洗剤を使って泡立ててミルクフォームの代わりにして絵の具で練習したりと、

 

 

いろいろと試してみたのですが、なかなかミルクフォームに代わる調度良い練習材料は見つけ出せていません。

 

 

ただ、上級者の人たちは皆さん水を使って練習しています。

 

 

お風呂場でピッチャーを振る練習したり、ピッチャーに水を入れてひたすら左右に振る練習をしています。

 

 

この基本的な練習が一番コストもかからずベストな方法だと思います。

 

 

 

 

エスプレッソのクレマが思ったようにたたず、ラテ・アートが上手に描けません。どんな豆が適していますか?

 

当然エスプレッソのクレマの量が多い方がラテ・アートは描きやすいですし、キレイな絵が描けることは間違いないのですが、

 

 

家庭でやる場合は、どちらかというとミルクフォームが上手に作れていない事が原因の場合が多いようです。

 

 

最初はクレマが立っていないとラテ・アートができないのでは?と思われがちですが、

 

 

ラテ・アートの技術が上達してくれば、インスタントコーヒでも、紅茶でも、絵が描けるようになります。

 

 

まずは、ミルクフォームを上手につくる事に慣れて見て下さい。これが上達すれば

 

 

エスプレッソの状態に関係なくラテ・アートは描けるようになります。

 

 

 

 

また、クレマがたちやすい豆に関してですが、極力新鮮で深炒り豆がベストです。

 

 

そして、お店によってはカフェラテ用にクレマが十分に立つようなブレンドをしているカフェもあります。

 

 

豆の鮮度が落ちているとクレマも立ちにくくなり、すぐにクレマが消えてしまったりします。

 

 

ラテ・アートが上手なお店で豆を購入してみるのも1つの手でしょう。

 

 

 

 

 

また、豆の挽き方もエスプレッソ用に極細挽きで挽いてある豆を使います。

 

 

ご自宅にグラインダーが無い方は、コーヒー豆を購入したお店で、

 

 

エスプレッソ用に極細挽きで購入しましょう。

 

 

その他クレマが立たない原因としては、タンピングが水平に均一にできていない事も考えられます。

 

 

以上の事を意識してエスプレッソを抽出してみて下さい。

 

 

 

 

家庭用エスプレッソマシンはどんな物がおすすめですか?

ラテ・アートを楽しむ事を目的とするのであれば、全自動のマシンではなく

 

 

デロンギのEC200Nのように半自動で、スチームミルクも好みのフォームが作れるエスプレッソマシンがおすすめです。

 

こちらは音もあまりうるさくありませんし、コンパクトで使いやくリーズナブルな点が私も気に入って使っています。

 

 

このマシンでも充分プロ並みの味が楽しめてしまうのが嬉しいところです。

 

 

ただ唯一デメリットというか気になる点は、エスプレッソを抽出しながらスチームミルクを同時に作れないところです。

 

 

デロンギのEC200Nは基本、エスプレッソを抽出してからスチームミルクを作るので

 

 

プロが使うマシンよりも、やや時間がかかります。

 

 

また、家庭用エスプレッソマシンはコツと慣れが必要なので、その方法に関しては

 

 

このサイトでいろいろなコツや方法を参考にしていって下さい。

 

 

こちらがおそらく最安値のEC200N

 

 

 


 
トップページ 私の自己紹介 目次 ラテアート必要な物 ラテアートのバイト 手軽に本格ドリップ お問い合わせ